ファンダメンタルズとは何かと言うと

今回は為替の市場というものの本質的要因に関してのお話です。http://webmania.to

為替市場を簡潔に言うと「自分でお金の送らないでもお金のやり取りの意図を達成する取引」を指します。

よく為替取引といえばほとんど国際為替について指すというケースがほとんどです。

国際為替を簡潔に説明すると金銭の引き換えのことを指します。

外国旅行(シンガポール、台湾、米国)などした経験があれば間違いなく外国の為替の取引の経験があるでしょう。

銀行で外国のお金へと交換をするのはそれこそが国際の為替です。

為替のレートとは買いたいと思っている人と売ろうと思っている人の値を言ったものです。

銀行同士の間での取引の末に決まります。

その銀行がマーケットメイカーと俗にいわれる世界中にあるいくつかの銀行です。

為替相場は周辺からの余波を受けても休む暇なく時間ごとに変動します。

為替を動かして行く要素とは、ファンダメンタルズというものが考えられます。

ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済動向、経済の基本とか条件のことを指します。

その国における経済の上昇や経済指数、失業者の割合、有力者の言葉などの事柄によって為替の相場は変動して行くのです。

特に国際収支や失業者数は重大です。

外国取引の収支とは何かと言うと、日本でいうところの財務省の委任で日本銀行が通関統計をベースとして書いた他国とのある時期のトレードを記したものです。

外国取引の収支は中央官庁や中央銀行のホームページ等で開くことができます。

雇用者の統計・失業率もチェックされることが多い要素です。

特に米国就労者の統計はポイントとされます。

月次で公表され、調べる範囲がワイドなことがポイントです。

為替の変動は経済活動の動向を示しています。

経済活動の動向を知ることによって為替の相場の状況予測が可能となると言えます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kurtwallace2010.com All Rights Reserved.