向けていると何となくエントリー

現実にPCのディスプレイの前に座って止まることなく変動しているマーケットを目を向けていると何となくエントリーをしたくなる衝動が生まれる方も少なくありません。ボニック

だが、不明瞭な感覚でトレードすることは断じてしてはいけません。マナラホットクレンジングゲル 副作用

確かに、市場は四六時中休みなくいずれかの国で外国為替相場が変動しているし、為替レートもいつでも上がったり下がったりします。親友の誕生日プレゼントにピアス!きれいめピアスを誕生日プレゼント

しかしながら、考え無しに注文を繰り返しているとその分損をする可能性が高くなります。在籍確認や収入証明なしでお金を借りたい方!WEB借入れ

言うまでもなく、エントリーの数を積む事でじょじょに勝ち負けの可能性が半々に近づくのは事実です。

でもその事は「なんとなく直感で売買」してしまうこととは話が異なります。

取引回数を積む事の意味は自ずから「ここだ!」と直感したチャンスを得たところでの売り買いの回数を積むという意味です。

格段の理由がなく、連続して取引をするのとはかなり違います。

外国為替市場の勝負に敗北しないためには、思案してメリハリをつけることこそが肝心です。

「ここはいける」と思ったマーケットの時にはいっそ保持ポジションを買い増して、徹底的に利益を追い求めます。

「分かりにくい為替相場で、どう推移するのか理解できないな」と感じた時は思い切ってポジションを諦めて何もしない。

それぐらいの緩急をつけた方が最後には取引は勝利します。

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

まさにその通りです。

FXとは何も常に売買ポジションを所持する事が全部ではなくどれも持たないでじっとしていることも場合によっては、FXです。

では、どういう場面で休むべきなのでしょうか。

最初に考えられるのが、前述の通り、最近の外国為替市場が今ひとつ良く見えない時です。

現状からどちらにいくのか判断できない時は、間違って判断すると、あなたの作った台本とは逆に外国為替市場が推移してしまい損失を被ることになる。

このような場合はポジションを0にして、そのまま見ているだけが唯一出来る事です。

ふたつめは、体の状態がすぐれない時です。

コンディションと外国為替市場に影響ないと感じる人もいるだろうが。

現実には思ったより影響します。

体調が悪い時はマーケットの大切な局面で、冷静な決断ができません。

気分が乗らない時は、市場から離れてみるのも大事なことだ。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kurtwallace2010.com All Rights Reserved.