スプレッドの幅が狭いのと同じく変化が小さいということが必要

「スプレッド」とはFX投資は外貨を売り買いして利ざやを得る商取引です。もてる男 方法

売買の注文の価格は二十四時間上がったり下がったりします。格安SIM DMMモバイル

それが為替です。コンブチャ クレンズ

ラジオのニュースを聞いていると、ドル円やユーロ円のレートのニュースが流れるケースがあります。会社を辞めたい!鬱になった私は転職を機に人生が変わりました!

見かけるのが、「ドルは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。まいたけダイエット

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを意味しています。くすみ 石鹸

別の言い方をすると、FXには買値と売値の両方の値があります。

売値のことをBID、買値のことをASKと提示している取引業者もあったりします。

いつもは売値のほうが買値よりも安価に設定されるものです。

買値は高く、売値は安くなっています。

その差分をスプレッドといい、FX業者の稼ぎとなっています。

スプレッドの広さはFX会社によって異なります。

スプレッドの狭さは自分にとって費用になるので狭いFX業者を選んだほうが有益です。

ただ、同じ取引会社でも状況によってスプレッドの差は変化します。

例としてドル円のペアでたった1銭のスプレッドの差とは言っても為替相場の上げ下げがとても激しい場面では3銭、4銭になったりする場面があります。

そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じく変化が小さいということが必要です。

変化しないスプレッドの差を見せる業者も多くあったりします。

リアルに業者の注文画面内で現実の相場を見なければ評価できないのでやっかいですが、とても大事な事です。

多額の投資資金を投入して売り買いしますので、本当のトレードの前に関心がある会社の口座開設を全てして提示されているスプレッドの狭さを見ておきましょう。

同じ通貨でも市場の変動率(ボラティリティ)によって、外貨のスプレッドは異なることがあります。

おおむね、インターバンクで取引高が多いペアではスプレッドの広さが小さくそれ以外の外貨ではスプレッドの広さが広くなる事があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kurtwallace2010.com All Rights Reserved.